« 疑似インデックス | トップページ | rss-modeのエンハンス »

2006年9月 1日 (金)

疑似インデックス(2)

忙しいにも関わらず、手をつけてしまったら止まらなくなった。ていうわけで、疑似インデックスサポート版をリリース。

内容はこんな感じ。

  • 受信したメールは "estcmd draft" で文書ドラフトに変換してからV3で必要な属性を追加して、疑似インデックスフォルダに保存。
  • 検索時には疑似インデックスを含めて検索。
  • 疑似インデックスフォルダに文書ドラフトがあるメールの属性変更は、文書ドラフトを直接書き換える。
  • 通常のインデックスへマージしたら、文書ドラフトを削除。

受信後の待ち時間は劇的に改善された。つーかメールが増えたせいか、optimize してなかったせいか、最近待たされる時間が長くなっていたので、かなりの達成感。

|

« 疑似インデックス | トップページ | rss-modeのエンハンス »

コメント

こんにちは。
早速ですが、KamailV3 0.0.1.4beta1のバグ報告です。
スペースやタブでメールを読もうとすると
「ファイルがありません: "file:///c|/bin/xyzzy/.kamail3/mail/0010/92"」
といったメッセージが出て全てのメールが読めません。
c:/bin/xyzzy/.kamail3/mail/0010/92にメールはあります。
rで返信しようとすると
「file:///c|/bin/xyzzy/.kamail3/mail/0010/92
ファイル名、ディレクトリ名、またはポリュームラベルの構文が間違っています。」
とメッセージボックスが出ます。

あと、
km3::*use-pseudo-index*をtにしたりnilにしたりして、
subjectがsubで本文がtestのメールを自分に送信して受信して、と繰り返していたら
日付が00/01/01 09:00で名前とサブジェクトが表示されない行が4つ出来てしまいました。
属性(subject:sub)で検索したら表示されないのですが、
本文(test)で検索したら表示されます。
ファイルの保存場所は~/.kamail3/pinbox/*.est(上記のエラー表示で確認)
なのですが、既にyした後なのでファイルはありません。

Hyper Estraierのバージョンは1.4.0です。

投稿: シロ | 2006年9月 1日 (金) 08時03分

すみません。たぶん直しました。

投稿: tori | 2006年9月 1日 (金) 20時13分

ありがとうございます。ばっちりです。

投稿: シロ | 2006年9月 1日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144798/11711513

この記事へのトラックバック一覧です: 疑似インデックス(2):

« 疑似インデックス | トップページ | rss-modeのエンハンス »