« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月28日 (金)

インターフェース

誉められたとはちっとも思ってなかったり。ていうか誉められてはいけないところを誉められたというか。

最近少しずつxyzzyで作っているインターフェースのパターンが見えてきた気がするので、何か省力化を考えたほうがいいんだろうねぇ、きっと。

ただ、今の作り方でホントにイイのかっていうのもあるしなぁ。次に何か作るときに考えよう、とかいって考えないな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春になって

なんとなく暖かくなってくると、途端にモチベーションが下がる。ネタを思いついても、ちっとも作ろうという気が起きない。

少なくともここ数年xyzzyがらみである程度まとまったものを作ったのって冬の間だけ。(それも2、3月が多い)

なんか冬になるとモチベーションが上がる、というより現実逃避したくなるんだろうな。確かに冬は大嫌いなんだが・・・。

では次の冬までさようなら、というわけにもいかないので、暖かい日々の過ごし方を考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

検索ベースの・・・

検索ベースのブログ構想とか。XML-RPCかAtom PP対応は欲しいところだけど、検索が活かせないか。

ブログじゃぁないけど、V3を作ってから似たようなことを思いついていたり。

今考えてるのはメモ取りツールなんだけど、V3の送受信部分を取っ払って、書いたものを保存してgatherすればとりあえずは使えるようになりそうだな~とか。

一番問題になりそうなのは分類方法をどうするかだと思うけど、Hyper Estraierベースにするならある程度後からでも何とかなりそうだから進められそうな気がする。その辺を考え出すと進まなくなるからね~。

ただメモツールって割と人によって使い方が全然違うものだと思ってるので、汎用的なものを作る気はあんましなかったり。あくまで自分の用途中心で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LDAP

そっか動くのか、とか。よくよく考えてみれば、LDIF形式で返されるから大した違いはないわな。

ちょっと試してみたいけど環境作るのが大変だな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月14日 (金)

Hyper Estraier 1.2.2

Hyper Estraier 1.2.2リリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

Hyper Estraier 1.2.1 (3)

とりあえずunseenフォルダも属性インデックスが効く検索に変更。これまた劇的に速くなった。(要インデックス再構築)

これで残った主だった問題点は、受信時のgatherに時間がかかるところだけか。ここさえなんとかすれば、マジで使えるものになるかもしれん。ちょっと考えてみよう。

とかいいつつ、他のネタも思いついてしまっていたり。さてどうしたもんか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

Hyper Estraier 1.2.1 (2)

要望メールを出してしまった後に真っ当に対応する方法に気がついた。当然その方法で対応してくれ、との返信が来た。次からはもうちょっと考えてから出すことにしよう・・・。orz

というわけで、V3を対応させてみたり。とりあえずinboxの表示は劇的に速くなった(当社比)。

unseenは遅いままなんだけど、これはもう少し考えないとダメだな。一番ほったらかしなとこの一つだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

Hyper Estraier 1.2.1

Hyper Estraier 1.2.1リリース

属性にインデックスが張れるようになったので、早速試してみた。確かに速くなっているのだが、別の問題が発生。

V3のフォルダは x-kamail3-folder 属性に "km3:" + フォルダ名 を設定することにしているのだが、inboxは「x-kamail3-folder属性がない」メッセージということにしているため、インデックスを張ってそちらを見に行くようにしてしまうとひっかからなくなってしまう。

真っ当にやるなら、受信時に属性をつけてやることになるのだが、受信時の処理がさらに遅くなるのがイヤなところ。

もう一つはお願いして「属性がないものを検索」できるようにしてもらう手。unseen フォルダも同じようなことなのでどちらにしてもお願いしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

1号とV3

あー、1号とV3は別々に戦う動作するもので、連携することはできないっす。

1号からメールを取り込もうとすると、1号側からメールを削除してしまうのでダメっす。インポートは別として。

じゃあfetch-mh.lは何のためにあるかというと、fetchmail+procmailみたいなメール受信用のプログラムが別に動いている場合とかのため。

最初にHyper Estraier回りだけ作ってテストしてたときに、POP3関係を作るのが面倒だったのでcygwinのfetchmail+procmailで受信してテストしてたから存在するだけのもの。今じゃ使ってないし。

1号のフォルダは、以前取得したメールを除いて持ってくるなんてことができないので連携はムリっぽい。どうしてもやるなら受信時にメールを別フォルダにコピーしといてそこから持ってくるとかかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

V3の今後

3代目に関してはとりあえず予定していたところまでは作ったので、しばらくは使いつつ問題を見つけて直したり、どうしても必要な機能だけ追加したりすることにする。

初代の時みたいに必要そうだと思った機能を節操なく追加するとわけがわかんなくなるし。

で、問題点をどうするか考えないといけないんだけど、さてどうしようか。

いちおういくつか改良案を考えついてはいるものの、どれも簡単じゃないし。簡単じゃないと途中で投げ出す可能性が高いので最初からやめといた方がいいし。

ていったことを含めて、しばらく考えよう。他にネタもないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »